子ども福祉学科

学科の特色・ポイント

子ども福祉学科は、子どもが好き、誰かのために自分を生かしたい、子どもといっしょに自分も成長したい学生が学ぶところです。そのために、実習が豊富に準備され、ゼミやクラス活動を通じて、教員と学生が共に成長し、個人と仲間の力が生かせる学科です。講義は、「楽しく、わかる授業」を基本に、実習に必要な知識と技能を意識した学習内容です。ある卒業生が学生時代について「学んだことは、丁寧によく話をすること。それを経験させてくれた学校と仲間は僕の宝物です。教科書には書かれていない大切なことが学べる場所だったと思います」と述べています。

  • ポイント1
    子どもと子育てにやさしい社会をつくるために学びます

    子どもの年齢や発達に応じた保育をするだけでなく、保護者の子育てを支えることも保育士・幼稚園教諭の大切な仕事です。本学では、子どもの発達などの知識や保育の技術に加えて、社会のしくみを学び、虐待や子育て支援といった今日的な社会問題にも対応できるように、相談や援助技術を身に付けた保育者を育てます。
  • ポイント2
    実習と大学での学びをつなげて「実践力」を育てます

    2年間で保育所・幼稚園・乳児院・児童養護施設・放課後児童クラブなど、様々な保育現場で実習に取り組みます。事前にしっかり学習し、学んだことを実習先で発揮できるように授業を展開しています。そして、実習先で経験したことの中から学びや疑問を見出し、さらに大学の学びにつなげていけるようにしています。その過程を通して実際に現場で活躍できる「実践力」を育てます。
  • ポイント3
    保育現場と連携して、子どもと「いっしょに楽しむ」表現や実技の力を伸ばします

    「音楽(ピアノ)」「造形」「幼児体育」「保育内容(表現)」など多くの実技・演習科目を学び、子どもたちの感性を育むために、自分たちの表現力も磨きます。授業の中でも実習先や近隣の保育現場と連携して、子どもたちの前で発表したり、リズム運動などに一緒に取り組む機会の中で「いっしょに楽しむ」ことを大切にしています。(「総合表現」では表現活動の集大成として共同して取り組む中で、人間力やコミュニケーションの力も育んでいます。)

主な就職先(過去5年)

【保育所(園)】
公立 堺市、大東市、泉大津市、紀の川市
私立 上野芝陽だまり保育園、三宝保育園、高鷲保育園、こばと保育園、おおぞら保育園、よどっこ保育園、新金岡センター保育園、くるみ保育園(和歌山)、久宝寺保育園、ありんこ保育園、新金岡西保育園、いづみ保育園、ひまわり保育園、かぜのこ保育園(和歌山) など

【幼稚園】
アスール幼稚園、鴻池学園幼稚園、宝珠幼稚園、いずみ幼稚園、和泉チャイルド幼稚園、錦渓幼稚園、たけしろ幼稚園、鳳幼稚園、みどり幼稚園 など

【認定こども園】
三宝こども園、とれぞあこども園、西陶器こども園、ベルキンダー、五ヶ荘保育園 など

【乳児院・児童養護施設・障害児(者)施設・学童保育所】
和泉乳児院、岸和田学園、信太学園、四恩学園、博愛社、岸里学童保育所、がんばれ学童、松原市役所福祉部子ども未来室 など

在学生VOICE

小さな学校でこその良いところがたくさん

子ども福祉学科2年:宮口京佳さん

私が思う大阪健康福祉短期大学の良いところは、先生と学生の距離が近く、親身になって相談に乗ってくれるところです。実習、授業、就職活動など様々なことで相談に乗ってくれます。また、学生同士がクラスや学年を超えて仲良くなれるイベントや授業があり、友達もたくさんできます。実践的な授業もたくさんあり、皆でとても盛り上がります。実習では、手遊びなどのレパートリーが増えるのでいつもワクワクしながら学んでいます。1学年に2クラスしかない小さな学校ですが、小さな学校でこその良いところがたくさんあります。この学校に入学し、先生や友達と学び遊ぶことができ、充実した日々を過ごしています。

宮口京佳さん

授業紹介

幼児体育

担当:塩田 桃子

幼児体育では、子どもにとっての運動あそびの意義や役割を理解し、それぞれの年齢に合わせた指導法を学習します。おにごっこやボールあそび、マット運動などさまざまな運動あそびを実際に行ってみることで、運動あそびのおもしろさを味わい、そのおもしろさを子どもたちにどのように伝えていくのかを実技を通して考えていきます。また、「できる」ようになるためには、どんな認識(「わかる」)を引き出す必要があるのか?という点についても学習していきます。

塩田桃子

大学生活ブログ

  • けんぷくで学ぶ在学生のブログです。日常の学校の様子などをお伝えします。

  • 学生生活ブログ