子ども福祉学科

授業紹介

保育基礎ゼミ

少人数で保育・教育に関するテーマを学び深めていく場

2年次に学ぶこの科目では、1年次の実習や授業で学んだことをもとに、さらに保育者として子どもと向き合うための実践的な知識や技術を身に付けます。施設見学や模擬保育、さらには、実際に保育現場で直接子どもと関わりながら遊びの実践等を行う中で、保育実践力の基礎を養います。

総合表現

学生自身が表現者となり、表現活動の指導法を学ぶ

総合表現では、学生自身が表現者となり協同で表現活動に取り組むことを通して、保育での表現活動の指導法を学んでいきます。音楽表現、身体表現、保育表現などのコースから1つを選択し、取り組みます。授業の最後のまとめとして総合表現発表会を行います。2015年度は、保育園の子どもたちや学内の教職員、1年生を招いて、オペレッタやダンス、劇などの発表を行いました。2年間の学びの集大成となる発表の場にもなっており、保育園の子どもたちからも喜んでもらっています。