介護福祉学科

介護福祉学科実習

実習前後の丁寧な指導で実習をバックアップ、現場で活きるチカラを磨きます。
介護実習は、介護の専門職である介護福祉士になるための基本的な介護福祉観や介護技術を実践的に身につける学習です。
本学の介護実習は、段階に応じて確実に学生の力をグレードアップさせるシステムにより、介護福祉の理論と実践が結びつきます。
また実習指導や実習サポート体制はきめ細やかで、社会人としての基本的な態度と介護に向かう心構え、自分の行動や考えを具体的に表現するための指導、実習中の夜間記録指導など、いつでも教員に相談できる体制を整えています。

介護福祉学科実習

実習の流れ

実習の流れ

実習を終えて

個別性の視点をもつ大切さを学んだ

介護福祉学科1年 高橋ゆきのさん

実習の中で学んだことは、現存機能を活かすこと、また個別性の視点をもつ大切さです。利用者の自立支援のためには、できることはしていただく必要があると感じました。ただ、体調によって普段出来ている動作もできない日があります。そのため、動作や表情を観察し、利用者の方一人ひとりの状態を細かく把握した上で介助を行うべきであり、そういうことを意識することで安全な介助につながることを学びました。一人ひとりに合わせた適切な支援のために、今後も実習での学びを意識し、大切にしていきたいと思います。

充実・丁寧な実習サポート!

実習前:介護総合演習と実習直前指導

実習にむけての学びや態度を身につける実習前の学びが介護総合演習です。教員が作成した実習での利用者とのやり取りがわかるDVDを用いて、実習記録の書き方の練習をしています。また、現場の職員をお招きしてお話を聞き、どのような所に実習に行くのか、何を学ぶのかを理解できます。

実習中:教員の巡回指導と夜間指導

実習中は、教員が実習施設に出向き、実習での学びの内容や実習記録の仕上がり具合を確認し、アドバイスを行います。また、実習期間中は毎日の実習が終了した後に帰校して実習記録の指導や相談が受けられるよう、教員が夜間毎日学内に待機して指導を行っています。実習中はいつでも教員から指導を受けられる体制を取って、実習をサポートしています。

実習後:介護実習の総仕上げ 実習報告会

実習報告会は、実習の学びをさらに深める総仕上げの場です。各実習の終了後、1~2日かけて実習での学びを学生一人ひとりが報告します。その後、テーマに沿って討論したり、介護現場で働く先輩にアドバイスを受けたりします。実習報告会は次のステップアップにつながる内容になっています。実習報告会を終えて、「実習」が完了します。

実習施設と連携した実習サポート

実習施設指導者懇談会

年に1回、実習施設の実習指導者の方をお招きし、実習をどのようにすすめるかの検討や情報交換を行う場として、実習施設懇談会を開催しています。未来の介護福祉士に対する実習指導者の熱意や期待を感じます。