大学案内

学長メッセージ

学長 眞鍋 穰

大阪健康福祉短期大学へようこそ。
この大学は、大阪の保育や介護の現場で働く方々の「保護者と子どもたちの願いに応えられる保育士、利用者と家族の願いに応えられる介護福祉士を自分たちの手で育てたい」という思いで出来上がりました。大学としては未熟ですが、長年保育介護の現場で働いて来たベテランの講師陣と暖かくみなさんを迎えてくれる実習現場があります。
人生の今後について迷っていることがあってもここで学んでよかったときっと思えるようにみなさんと教職員と思いを共有し共感努力してゆきたいと思います。
日々のささやかな努力が自分を変え人を変えていくということを実感していただきたいと思います。
人間には、自分で選べないことが二つあります。生まれることと死ぬことです、この二つの大切な局面に密接に関わって、人としての存在の意味を常に考えることのできる仕事は医療や看護とともに人間社会になくてはならないものです。
大学をでてこの分野に携わる方々との出会いと連携、また卒業して必ずしもこの分野に携わらなくとも人間として共感し母校として皆様をサポートできる存在でありたいと願っています。

大阪健康福祉短期大学 学長 眞鍋 穰

本学のあゆみ

大阪総合福祉専門学校
1979年 「国際児童年」を記念して、社会福祉法人あおば福祉会が設立され、保育・学童保育関係者の協力で、堺市に新金岡センター保育園と大阪保育研究所を設立。
1985年 大阪保育研究所が、保育所の保母(保育士)や学童保育指導員の養成を研究事業として取り組み、「附属保育・学童保育専門学院」 を開設。
1992年 大阪保育研究所の経験を生かし、地域の要望に応えるために介護福祉士の養成をめざして、大阪総合福祉専門学校の認可を受け、4月に開校。
1996年 働きながら介護福祉士の資格が取れるよう、介護福祉士科II部(夜間部)を4月に開設。
1997年 「附属保育・学童保育専門学院」を、「児童ケアワーク科」として大阪総合福祉専門学校へ発展的に統合。
2001年 指定保育士養成施設(卒業時に保育士資格が取得できる)として認可を受けられるように厚生労働省に申請。
2002年 指定保育士養成施設として認可を受ける。
2007年 3月をもって専門学校事業を完了。
大阪健康福祉短期大学
2002年 学校法人みどり学園「大阪健康福祉短期大学」開学。大阪総合福祉専門学校介護福祉科の伝統を受けついで、「介護福祉学科Ⅰ部・Ⅱ部」を開設。(2012年3月をもって介護福祉学科Ⅱ部を閉科)
2006年 大阪総合福祉専門学校児童福祉科の伝統を受けついで、保育士養成のための「子ども福祉学科」を開設。新校舎(3号館)が完成。
2007年 「子ども福祉学科」に「幼稚園教諭教職課程」を設置。
2013年 「介護福祉学科I部」を「介護福祉学科」に名称変更。
2016年 学舎を移転。

教育理念

  1. 本学は、健康と社会福祉の研究とその担い手の養成をつうじて社会の民主主義の発展に寄与する。
  2. 本学は、地域と結びつき、地域住民の社会的要請に応えるような、高等教育機関として健康と社会福祉の研究をおこない、その中でも実践的な研究を重視する。
  3. 本学は、健康と社会福祉の研究と教育の分野での他の高等教育機関と提携し、社会的に開放し、国際交流をはかる。

大阪健康福祉短期大学の「3つのポリシー」

大阪健康福祉短期大学は建学の精神と教育理念に基づき、以下の3つのポリシーを示します。

【介護福祉学科】

介護福祉学科ディプロマ・ポリシー

介護福祉学科は、こころとからだの健康やいのちを守り、社会福祉の充実をはかる人材の育成を教育目標としており、必要とされる授業科目の単位を含め、62単位以上を取得したものに対して短期大学士の学位(介護福祉学)を与えます。

  1. 介護や福祉を学ぶことを通して、豊かな人間性と社会性を身につけている。
  2. 客観的な事実から物事を考え、判断できる。
  3. 介護や福祉に対する深い関心をもち、主体的に学び、自ら考えられる力を身につけている。
  4. 人権を尊重し、人間の尊厳を護るための態度を身につけている。
  5. コミュニケーションの基礎となる発信、伝達、記録の技法を身につけている。

介護福祉学科カリキュラム・ポリシー

本学科のカリキュラムは、本学科のディプロマ・ポリシーを実現するために、特に次のような点に留意して編成しています。

  1. 社会の成り立ちを深く理解できるよう、介護や福祉に関連する幅広い科目を提供する。
  2. 収集した情報から、第三者が理解できるような具体的かつ論理的な思考と説明が可能となるよう、演習授業や実習を重視する。
  3. 演習やフィールドワーク、実習において、幅広く情報を収集し、個人を全人的に理解することを体験する。
  4. 人権尊重や自立・自律、自己選択、自己実現を支援する視点に立った科目を系統的に複数配置する。
  5. 少人数のゼミ、演習、フィールドワークを通じて、プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力を育む。

介護福祉学科アドミッション・ポリシー

本学科は、介護や社会福祉に関する学問を修め、介護福祉士国家資格の取得を目指す学科です。それらを鑑み、以下にアドミッション・ポリシーを示します。

  1. 「介護」や「福祉」について自ら考えようとする人
  2. 社会の成り立ちや自らの生活について、興味をもっている人
  3. 自ら進んで学ぶ意欲がある人
  4. 人間に興味をもっていて、他者とかかわることができる人
  5. 日常生活において他者に情報伝達したり、他者からの情報を受け取る能力を有している人

高校の授業や課外(クラブ)活動等の中で、自分なりに意欲・関心がもてるものに取り組み、アドミッション・ポリシーで掲げている各学力を身につけてきた学生を求めています。また、入学後も同様に、自ら意欲・関心がもてるものを見つけ、さらに学力を伸ばそうとする学生を求めています。

入学選抜においては面接を重視し、対話を通じて、アドミッション・ポリシーで示している各学力の評価を行います。また、受験の形態に応じて、面接とともに小論文や現代国語の試験も実施し、多角的に評価を行います。その中で、受験者自身のこれまでの体験や、そこから得られた学びの有無、自らの考えの在り方を評価します。なお、本学入学にあたっては、事前に、インタビューを通じて高齢者や障がい者の暮らしを学ぶことを求めています。

【子ども福祉学科】

子ども福祉学科ディプロマ・ポリシー

子ども福祉学科では、保育と幼児教育を中心に、子育てにかかわる社会福祉の充実に貢献できる人材の育成を教育目標としています。学習を通じて以下の目標を達成し、必要とされる授業科目を含め62単位以上を習得したものに対して短期大学士の学位(保育学)を与えます。

  1. 子どもの育ちを支える人となる
    • 専門的知識に基づき、子どもの最善の利益を尊重することができる
    • 専門的知識と技能の下に、子どもの発達を保障することができる
    • 保育者として子どもの豊かな心を育む
  2. 保護者の子育てを支える人となる
    • 子どもと保護者の状況を理解することができる
    • 保護者とより良い関係をつくりながら子育てを支える
  3. 子どもと子育てにやさしい社会をつくる人となる
    • 社会の仕組みを理解する
    • 社会のあり方について考える・実践する
  4. 人間性・倫理性・共同性をもつ人となる
    • 社会人としての知識・教養やコミュニケーションと人間性、科学的・論理的に考え、表現する力を身につける
    • 文化・芸術・人間性、感性と表現力を身につける

子ども福祉学科カリキュラム・ポリシー

本学科のカリキュラムは、上記のディプロマ・ポリシーを実現するために、特に以下のような方針のもとに編成します。

  1. 「子どもの育ちを支える」ために必要な力を身につける
    • 保育や子どもの発達に関する基礎的な技能・知識に関する科目を、(保育実習の配当時期と連関させて)実習前に学ぶもの、実習を踏まえて深める内容を吟味して配置する。
    • 講義・演習科目で得た知識・技能を実習及びゼミで実践的に深めることを重視する。
  2. 「保護者の子育てを支える」ために必要な力を身につける
    • 「子ども」「子育て」に関する知識を土台として、さらに保護者を支援できる技術・態度を学ぶ
    • 少人数での演習、グループワーク、フィールドワーク等実践的な学びにつながる内容を重視する
  3. 「子どもと子育てにやさしい社会をつくる」ために必要な力を身につける
    • 福祉・教育に関する知識・人権や子どもの権利について学ぶことで、社会の成り立ちについて理解し、考える力を養う
  4. 人間性・倫理性・共同性を育てる
    • 社会人としての知識・教養を身につけ、表現する力を養うための科目を配置する
    • 初年時には人権を尊重する態度や福祉にかかわるものの倫理性について学ぶ科目を配置し、卒業年次にはそれを総合させ、深める科目を配置する
    • 様々な科目の中で、成果発表や共同学習の機会を取り入れ、それらの取り組みを通して、企画・発表する力と他者と共同する態度を育てる

子ども福祉学科アドミッション・ポリシー

本学科では、保育士資格・幼稚園教諭二級免許状の取得を目指します。本学の教育理念を理解し、学修を通して以下の目標を達成しようとする意欲のある学生を求めています。

  1. 子どもが好き、人間が好きで、いろいろな人とかかわりたい
  2. 誰かのために、自分を生かしたい。あてにされる自分を発見したい
  3. 人間のくらしや社会に関心があり、さらに理解を深めたい
  4. いろいろな人と力を合わせて、子どもと一緒に自分も成長したい

上記の目標に向かい、入学前の自分の生活や経験について振り返り、他者にそのことを伝える努力ができる学生を求めています。また、入学予定者には入学前教育に参加し、学修の準備を行うことを求めます。さらに入学後には、目標達成のための努力を惜しまない学生を求めます。

入学選抜においては、自分の経験を振り返り、そこでの学びを伝える力について面接を中心に評価を行います。受験形態によっては小論文・現代国語も実施し、多様な学生の受け入れを目指します。