付属福祉実践研究センター

付属福祉実践研究センター

研究センターは、本学の教育の理念に基づいた学術・研究活動ならびに事業を推進し、社会の発展に寄与することを目的に活動しています。
2019年度より、あべのハルカス23階キャンパスフロアに拠点を移し、介護や保育の領域の社会的要請に応える行事に取り組んでおります。

ユーキャン実務者研修スクーリング

介護福祉士国家資格取得のための受験資格を得ます。普段は通信教育で学び、介護過程の展開、介護技術、医療的ケアの演習をスクーリングで学びます。
お申し込みは、ユーキャンの通信教育講座で。

実習指導者講習会

この講習会を終了した実習指導者が現場にいないことには、介護実習生を受け入れることができません。本学の卒業生の多くが実習指導者になっています。
毎年、6月から7月にかけて行います。本学介護福祉学科へお問い合わせください。

医療的ケア1・2号研修

介護現場にも、医療的ケアを要する利用者が増えつつあります。この研修では、医療的ケアの基本を学び、受講生が所属する施設において実地の研修を積みます。
50時間の講習を事業所単位で行うのは大変です。実地は事業所で、講習は本学で。

講座「生協10の基本ケア」研修

生活協同組合連合会は、「10の基本ケア」という考え方と実践を全国に普及しようとしています。「尊厳を護る・自立を支援する・在宅を支援する」を合言葉に、介護職員のみならず組合員の皆さんとともに、介護を学ぶ講座です。