子ども福祉学科

子ども福祉学科実習

実習は、保育園や幼稚園等で「せんせい」として必要なチカラを身につける場です。子どもたちと一緒に遊んだり生活をしたりしながら体験的に学び、子どもと共に成長することができます。実習前後の授業は、少人数でじっくり学べる実習グループで受講します。各グループには現場経験のある教員が指導にあたります。保育現場の“生”の話を聞けるので、実習をイメージしながら学ぶことができます。

子ども福祉学科実習

実習の流れ

実習の流れ

実習を終えて

改めて保育士のやりがいを感じることができた!

子ども福祉学科2年 林 咲希

幼稚園、保育園、児童養護施設の3つの実習を終え、それぞれの施設の違いを知り、たくさんのことを学びました。
実習は楽しいことばかりではなく、うまくいかなくて嫌になったり不安な気持ちにもなったりしました。でも、実習でしか学べないことがたくさんあるし、実際に子どもたちと関わることで新たな発見があり、子どもたちから元気をもらうことができました。
実習を終え、改めて保育士はやりがいのある仕事だと感じました。実習で学んだことを活かしてこれからも頑張りたいです。

子ども福祉学科2年 林 咲希

充実・丁寧な実習サポート

実習前:少人数制・現場経験のある教員が指導

保育・教育実習の授業は、少人数の実習グループに分かれた授業なので、実習への不安や悩みを出し合いながらじっくりと学ぶことができます。すべてのグループに現場経験のある教員を配置していますので、実際の保育現場の話を聞きながら、具体的なイメージをもって準備することができます。

実習中:教員の巡回指導

実習中に教員が実習先を訪問し、実習の指導を行います。「子どもとの関わりが難しい」、「実習日誌の書き方がわからない」など、実習での疑問や不安はここで相談することができ、一人ひとりに合った個別のアドバイスを受けることができます。教員からの励ましを受けることで、その後、パワーアップして実習に臨むことができます。

実習後:実習の総まとめの実習報告会

「一人の学びをみんなの学びに、みんなの学びを一人の学びに」するために実習報告会を行っています。子どものケンカの仲裁に入って困ったことや、「イヤイヤ」という行動に悩んだことなど具体的なエピソードを交えて発表する中で、「せんせい」が保育をする上で大切なことを見つけていくことができます。子どもの「ステキ」、保育の「ステキ」を発見する場になっています。

保育現場と連携した実習サポート

実習施設(保育所)指導者懇談会

実習施設の先生方に来学いただき、実習内容や実習生に関することについて連携と共同をすすめるために開催しています。「失敗してもいい。子どもたちとダイナミックに遊ぶように」「挨拶をきちんとすること」等、率直なご意見と励ましをいただいています。